【注目】アマギフ換金率91%の買取業者が登場 !

メルカリやラクマの後払いでAmazonギフト券を即日現金化する方法

アマギフ現金化

メルカリやラクマといったフリマアプリが人気ですが、支持される理由の一つに後払い決済の存在があります。

メルカリにはメルカリ月イチ払い、ラクマにはPaidyという後払い決済がありますが、この利用限度額を現金化できるのはご存知でしたでしょうか?

『携帯キャリア決済が限度額いっぱいで現金化できない・・・』

『バンドルカードのポチッとチャージが満額になってしまった・・・』

このようにお困りの方がいれば、このページでまとめている方法がお役に立つかもしれません。

Paidy 現金化方法
Paidyの登録方法からPaidy 現金化方法までを詳しく解説します。そして、極めつきはバンドルカードでの即日現金化方法まで 紹介しています。

ただし、メルカリやラクマではAmazonギフト券の売買が禁止されているため、あきらかな利用規約違反となりバレるとアカウント停止などの罰則を受けるリスクもあります。

くれぐれも自己責任でお試しください。

メルカリやラクマの後払い決済を現金化するには?

このページにたどり着いた方のほとんどが、一度はメルカリやラクマでAmazonギフト券を探したことがあると思います。

すでにご存知だとは思いますが、メルカリやラクマではAmazonギフト券の売買は禁止されており、出品者が商品を登録したとしてもサイトパトロールによって削除されています。

そういった状況の中でどのようにAmazonギフト券を買うのかが重要になりますが、そこで必要になるのがTwitterアカウントです。

Twitter上で「メルカリ Amazonギフト」や「ラクマ Amazonギフト」などのキーワードで検索すると以下のようなユーザーが表示されます。

Twitter上で「メルカリ Amazonギフト」や「ラクマ Amazonギフト」などのキーワードで検索すると以下のようなユーザーが表示されます。

プロフィール欄を見ると分かりますが、こういったユーザーはTwitter上で購入者を募り、DMでやり取りをした後にメルカリやラクマでAmazonギフト券を売ってくれます。

大まかな流れをまとめると以下のような手順となります。

  1. TwitterでAmazonギフト券を販売しているユーザーを探す
  2. TwitterのDMでAmazonギフト券の購入を依頼する
  3. メルカリやラクマで適当な商品が出品される
  4. メルカリやラクマに出品された商品を後払いで購入する
  5. TwitterのDMでギフトコードを受け取る
  6. buycaでAmazonギフト券を91%で買い取りしてもらう
  7. 1~2日後に受取連絡をする

販売ユーザーとのやり取りが発生するため、少し時間がかかったり手間だったりもしますが、スマホ1つあればできることなので手軽ではあります。

詳しい手順の前に、なるべくリスクを減らすために注意したい点についても解説します。

メルカリやラクマの後払い決済を現金化する時の注意点

メルカリ月イチ払いやラクマのPaidyといった後払い決済の利用限度額を現金化する上で注意したいポイントについて解説していきます。

まず、必ず理解しておきたいのが、メルカリやラクマではAmazonギフト券の売買が禁止されていてバレると罰則があるということです。

考えられる罰則としてはアカウントの利用停止が挙げられます。

ただそれだけ?と思うかもしれませんが、特にメルカリでは本人確認などもしっかりと行われているため、二度と利用できなくなる可能性もあります。

そういったことにならないためにも、もしメルカリやラクマの後払い決済を現金化するのであれば、以下の3点には特に気をつけるようにしましょう。

  • メルカリやラクマのメッセージ上では絶対にAmazonギフト券の話をしない
  • 出品されてから少し時間の余裕をもって購入する
  • 受取連絡は必ず翌日以降にする

上記の3点ですが、これはいかに普通の買い物を装って購入するかということになります。

メルカリやラクマのサイトパトロールは年々厳しくなっており、不自然なユーザーは意外とすぐに見つかってしまいます。

売買時に利用できるメッセージ機能もすべて監視されており、Amazonギフト券という単語を利用するとすぐにバレる可能性があります。絶対に「Amazonギフト券」や「ギフトコード」といった単語は使わないようにしましょう。

また、出品されてからあまりにもすぐ購入されるのも、何度も続くと怪しいと思われかねません。時間に余裕があるのであれば、最低でも5~10分位は時間を置いてから購入するのが理想的です。

最後に一番注意したいのが、受取連絡は必ず翌日以降に行うということです。基本的に出品された商品は、郵送で送られるのが前提となっています。購入されてから当日中に届くというのは現実的におかしいので、翌日か翌々日に受取連絡をするのが自然です。

Amazonギフト券の売買がバレると、自分のみでなく販売者側にも迷惑がかかってしまうので、最低でも上記の点については注意してください。

※もちろんこれで万全というわけではありません。

メルカリやラクマの後払い決済を現金化する手順・方法

メルカリ月イチ払いラクマのPaidyといった後払い決済の利用限度額を現金化する上で注意したいポイントについて解説したところで、いよいよ本題である現金化の手順について解説していきます。

先ほどまとめた手順は以下の通りとなります。

  1. TwitterでAmazonギフト券を販売しているユーザーを探す
  2. TwitterのDMでAmazonギフト券の購入を依頼する
  3. メルカリやラクマで適当な商品が出品される
  4. メルカリやラクマに出品された商品を後払いで購入する
  5. TwitterのDMでギフトコードを受け取る
  6. buycaでAmazonギフト券を91%で買い取りしてもらう
  7. 1~2日後に受取連絡をする

それぞれについても詳しく解説していきます。

TwitterでAmazonギフト券を販売しているユーザーを探す

まず最初にTwitter上で「メルカリ Amazonギフト」や「ラクマ Amazonギフト」といったキーワードで検索します。

もしTwitterアカウントが無いのであれば、アカウントを作って電話番号の認証も済ませてください。(電話番号認証をしていないとDMの際にロックされることがあります)

まず最初にTwitter上で「メルカリ Amazonギフト」や「ラクマ Amazonギフト」といったキーワードで検索します。

恐らく上記のようなユーザーが表示されると思います。

怪しいユーザーも多いので、できる限り取引内容を公開しているユーザーが望ましいです。

ちなみに自分は左上に表示されているユーザーに依頼してみました。

TwitterのDMでAmazonギフト券の購入を依頼する

Amazonギフト券の販売を依頼するユーザーを決めたらDMを送信します。

DMはTwitterアカウントのプロフィールを開くた所にある「メッセージ」というボタンから送れます。

メッセージの内容は以下の例文を参考にしてください。

こんにちは。
メルカリ(ラクマ)でAmazonギフト券10,000円分を購入したいです。
自分のユーザー名は〇〇で、評価は〇〇です。
よろしくお願いします。

レスポンスの遅い方がほとんどなので、メッセージを送ったらしばらく待ちましょう。

メルカリやラクマで適当な商品が出品される

出品者側で依頼内容を確認すると、メルカリやラクマで適当な商品が出品され、その商品のURLが送られてきます。

そこから指定された商品を開きましょう。

メルカリやラクマに出品された商品を後払いで購入する

商品ページを開いたら購入ボタンを押して先に進み、支払い方法で後払い決済を選びます。

もちろん、売上げやポイントがある方はそちらを利用しても構いません。

TwitterのDMでギフトコードを受け取る

商品の購入が完了したら、Twitterのメッセージで購入したことを伝えましょう。

メッセージの確認からおおよそ5~30分程度でギフトコードが送信されてきます。

buycaでAmazonギフト券を91%で買い取りしてもらう

ギフトコードを受け取ったら、当サイトおすすめの1つであるギフトグレースサイトへ行きAmazonギフト券の買い取りを依頼します。

ギフトグレース初めて利用するユーザーの買い取り率が驚異の95%となっており、超高換金率で現金化することが可能です。

ギフトグレースとかかる時間はおおよそ1時間前後となりますが、もしお急ぎの場合は買取ボブだと91%の換金率で30分前後の時間となります。

それぞれの詳しい情報は以下のページでも確認できます。

買取ボブの口コミ,評判は?他のAmazonギフト券買取業者との比較や実際に利用した感想と手順も紹介
買取ボブはAmazonギフト券の買取金額が他社と比較すると10%ほど損をする形になりますが、携帯キャリア決済枠をすぐに現金化できるサービスとして非常に重宝しました。 もしすぐに現金が必要でお困りの方がいれば、ぜひ利用してみて下さい!

入金が確認できたら現金化完了となります。

お疲れ様でした!

1~2日後に受取連絡をする

最後に忘れてはいけないのが受取連絡です。

あくまで自然な取引を演出するためにも、翌日~翌々日に行うようにしましょう。

メルカリやラクマの後払い決済の現金化まとめ

メルカリ月イチ払いやラクマのPaidyといった後払い決済の利用限度額を現金化する方法について解説しましたがお役に立ちましたか?

これらの方法は、メルカリやラクマではAmazonギフト券の売買が禁止されているため、あきらかな利用規約違反となりバレるとアカウント停止などの罰則を受けるリスクもあります。

行うときはくれぐれも自己責任で行ってください。

現金化の神アプリ!バンドルカード
スマホさえあれば誰でも簡単に即日現金化が可能な魔法のようなアプリです。現金化の方法は以下のページで詳しく解説しています。
\ まずは無料ダウンロード /

バンドルカードアプリのダウンロード

コメント